スキップしてメイン コンテンツに移動

ミノキシジル

概要

ミノキシジルは、今となっては育毛・発毛目的として有名な成分ですが、元々は製薬会社が開発した高血圧用の血管拡張剤でした。しかし、その副作用として全身の毛が増える症状が頻繁に起きたことがきっかけとなり、頭皮における発毛への有効性が認められるようになりました。

育毛・発毛の効果と効能

ミノキシジルには、毛母細胞を活性化させ、頭髪の発毛および成長を促す強い効果があります。ギンコライドのように毛母細胞への血流を良くするような役割ではなく、より直接的に毛母細胞の活性化を引き起こす作用です。残念ながら具体的なメカニズムは判明していないようです。

生え際には効果なし

効果の範囲ですが、様々な検証の結果から、AGAと言われる頭頂部の薄毛タイプにのみ限定して効果があるようです。つまりM字型などの生え際の後退には効果がないという特性があると言われています。

フィナステリドとの併用効果

フィナステリドと併用すれば効果倍増!」などといった宣伝文句を良くみかけますが、これは半分本当、半分嘘です。ミノキシジルがアプローチするのは毛母細胞であり発毛効果です。一方でフィナステリドがアプローチするのは脱毛の原因となる酵素の抑制です。つまり、それぞれ役割が異なるためお互いの効果を干渉することがありません。それぞれが固有の効果を十分に発揮することができます。ただし、裏を返すとお互いの効果を高めあうようなシナジー効果はありません。何が言いたいのかというと、無理して併用をする必要はないということです。例えば体質的にいずれかの成分が合わない場合もあります。その場合は、例えばフィナステリドと類似した効果のノコギリヤシオウゴンエキスなどを代替としても良いわけです。 安易に宣伝文句通りに併用するのではなく、いろいろな育毛成分の効果領域を理解し、自分の体質に合うものを選んで併用するのが大事だと思います。

塗布と服用の違い

ミノキシジルが含まれる育毛商品には、育毛剤などで頭皮に直接塗布するものと、タブレットで服用するものがあります。どちらも上述の効果は認められていますが、服用するほうがより効果が大きいようです。ただ一方で後述する副作用も服用する場合のほうが強いです。また塗布の場合は、頭皮が被れる場合があります。どちらの摂取方法を選ぶかは、体質やメリット・デメリットを踏まえて検討するのが良いと思います。

副作用・用量・用法などの注意点

ミノキシジルを摂取する上で、最も重要なポイントは副作用をしっかりと理解することです。 まず1つ目は、動悸や心臓への負担です。元々は高血圧用の薬のため、血管を拡張させ血圧を下げる作用があります。体内の血圧が変化するということは、心臓への負担もでてきます。 2つ目は多毛症です。ミノキシジル服用者のほとんどは育毛目的だと思いますが、特にタブレットなどを服用した場合は、全身の毛母細胞を活性化させます。その結果、望まなくともすね毛や胸毛、そして髭なども濃くなる場合があります。 3つ目は性欲減退です。こちらも毛母細胞の活性化と同様に、なぜそうなるのか原因は判明していませんが、さまざまな臨床試験の結果から性欲減退が認められています。ホルモンバランスに何らかの影響があると考えられますので、女性、特に妊婦は服用を避けた方が良いと思います。 4つ目は服用期間後のリバウンドです。これは副作用という表現は適切ではないかもしれませんが、極端な例としては、服用期間中に髪の毛が増えたものの服用を止めた途端、増えた分の髪の毛が一気に抜けることなどがあるようです。一方で服用期間後も全く変化がないケースもあるので、この点は人によって差があるようです。 大きな副作用としては、上記4点になりますが、それ以外にも頭痛や発疹、眠気なども起こりうるようです。これほど副作用が心配される育毛成分は他にはありません。体質的に合うか合わないかしっかりと把握した上で、必ず用量を守って服用するように心掛けましょう。

この成分が含まれる商品

類似作用が期待できる成分


このブログの人気の投稿

パンテノール

概要 パンテノール(パントテニールエチルエーテル)は、肌の保湿や皮膚細胞を活性化させるアンチエイジング的な効果が期待され、化粧品の含有成分として使われることが多い成分です。また体内でビタミンに変化するプロビタミンと呼ばれる物質でもあります。毛髪をビタミンで補修するCMでおなじみの、P&Gのヘアケア商品「パンテーン」は、このパンテノールを主要成分としており、ブランド名の由来にもなっています。 育毛・発毛の効果と効能 パンテノールは、頭皮に対して3つの効果があります。1つ目は毛母細胞に働きかけて細胞分裂を活性化させ、髪の毛の成長を促進させる点です。2つ目は保湿効果です。パンテノールは保湿クリームの成分としても使われることが多いのですが、頭皮に対してもその保湿効果は有効です。3つ目は、頭皮の新陳代謝を高め、老朽化し老廃物がたまりやすくなる頭皮状態を防ぐ効果があります。ちなみに新陳代謝に関する効果は、クコの実などに含まれるゲルマニウムでも類似効果を得ることができます。いずれも成分単体としては、絶大な効果があるわけではないため、育毛商品では補助的に使われるケースが多いようです。また上述のとおり、持続的な潤いやハリ・コシをあたえる栄養成分として毛髪に対しても有効な成分です。 副作用・用量・用法などの注意点 基本的にはビタミンと同等の成分であるため、副作用の心配はありません。 この成分が含まれる商品フィンジア育毛剤エスモEX 薬用育毛ローションカロヤン プログレ薬用育毛剤リグロウ薬用発毛促進剤 新髪24薬用育毛剤 毛歓薬用加美乃素ヘアグロウス トゥリガーヘアーリスペクトXラボモ/LABOMO スカルプアロマローションNFカロヤンガッシュリアップ ジェット薬用リリィジュ薬用アデノゲンメイクメリー育毛剤リアルオレンジシャンプー オーガニック薬用 麗豊アデノバイタル スカルプエッセンスVh&s for menボリュームアップ トニックフォーミュラBシャンプー発毛促進薬Vi-髪乃素Growth Project.スカルプケアシャンプー類似作用が期待できる成分毛母細胞を活性化させる頭皮や毛髪に対する保湿

ヒノキチオール

概要 ヒノキチオールは樹木抽出成分の1種で、化学的には7員環という天然にはほとんど存在しない分子構造を持つことで有名です。一般的な効能としては、殺菌・抗菌作用、消炎作用、皮膚浸透作用などが挙げられます。 最近では特に殺菌・抗菌作用は注目されており、防腐剤の役割としてヒノキチオールが含まれる化粧品なども増えています。 育毛・発毛の効果と効能 育毛面での効果も非常に注目度が高まってきています。強力な抗菌作用によりフケやカユミを防ぐこと、そしてもう1つの効果が重要なのですが、それは毛母細胞の細胞活動を活性化させる点です。ジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、それが毛母細胞の活動を抑え薄毛を進行させます。ノコギリヤシの場合は、そもそも男性ホルモンを減らすことで、最終的に毛母細胞の活性化につなげる成分ですが、一方でヒノキチオールはホルモンバランスには影響を与えずに、毛母細胞を直接的に活性化させる効果があるようです。 副作用・用量・用法などの注意点 今も尚、化学者たちが研究を続けているヒノキチオールですが、毒性・催奇性があるということがマウスでの実験などで確認されています。但しこれは、体重の約20%以上の量を服用した場合のようです。育毛のサプリメントなどに含まれている場合は、基本的にはケアするレベルではないのですが、念のため用量はしっかりと守るように心がけましょう。頭皮に塗布する育毛剤の場合は、特に気にしなくて良いと思います。 嘘か本当かは分かりませんが、ヒノキチオールの育毛効果が研究されるようになったのは、ヒノキの木こりに薄毛がほとんどいないことがきっかけとのことです。 この成分が含まれる商品カロヤン プログレ薬用ナノアクションD薬用発毛促進剤 新髪24ハイブリッド育毛剤K’sK(ケースケ)NFカロヤンガッシュ薬用育毛剤HG-101アロエ育毛液ナノインパクトテラ2.0U-MA(ウーマ)シャンプーGrowth Project.スカルプケアシャンプー類似作用が期待できる成分毛母細胞を活性化させるフケ・かゆみ・炎症を防ぐ

薄毛の原因物質ジヒドロテストステロン(DHT)と抑制方法

ジヒドロテストステロン(DHT:Dihydrotestosterone)とは 男性ホルモンの1種であるテストステロンが、NF-κB転写因子と結びついて生成される、薄毛の原因物質の1つです。 DHTは活性型男性ホルモンとも言われ、通常の男性ホルモン以上に、毛乳頭のレセプターと結合した際に毛母細胞に活動を低下させる働きがあります。毛母細胞の活動が低下すると髪の毛の成長および発毛が弱まり、その結果、周期的な脱毛に対して発毛量が不足し、徐々に薄毛が強まることになります。体内のDHTの基準量が通常の5倍以上になるとAGA発症の確率が高まると言われています。 DHTの抑制方法 DHTの材料物質であるテストステロン、NF-κB転写因子を抑制することが、DHTの抑制につながります。各物質の抑制方法はそれぞれのページでご覧ください。