スキップしてメイン コンテンツに移動

亜鉛

概要

亜鉛は人体における必須成分の1つで、欠乏することで味覚障害や貧血、皮膚炎、免疫力の低下など様々な病症を招きます。一方で十分に摂取することで免疫活性化や新陳代謝の向上などを図ることができますが、いずれも正常な状態を維持するという意味で、必要以上に摂取をしてもそれらの働きを高めることにはなりえません。近年ではサプリメントなどでも亜鉛は販売されており、まるでたくさん摂取した方が良いように錯覚する方も多いようですので、その点は注意が必要です。

育毛・発毛の効果/効能

育毛面に対する効果は大きく2つあります。1つ目は髪の毛を生成する元となる成分の1つケラチンの合成です。よほど不健康な食生活などで極端に亜鉛が不足した場合に、発毛サイクルを崩し結果として薄毛につながるというもので、ほとんどの方にはあまり関係がない話です。こちらに関しても上述の通り、たくさん摂取することで発毛力が高まるかというと、そのようなことはありません。ちなみにワカメやコンブなどの褐藻エキスにも同じような役割があります。 2つ目の効果は、フィナステリドノコギリヤシと同じく、薄毛の原因物質であるジヒドロテストステロン(DHT)の生成要素の1つである、5αリダクターゼという酵素の生成を阻害するものです。ただしフィナステリドやノコギリヤシと比べると、その効果は限定的な上に、後述しますが誤って過剰摂取をすると身体にダメージが与える可能性があるため、同じ効果を求めるのであれば、フィナステリドやノコギリヤシの摂取をおすすめします。

副作用・用量・用法などの注意点

亜鉛は普段の食事においてもナチュラルに摂取する成分ですので、基本的にはあまり気にしなくても良いのですが、育毛目的でサプリメントなどを常用するなどして、継続的な過剰摂取が続くとリスクの高い副作用があります。体内での化学反応の結果、銅や鉄の欠乏症を招き体内のミネラルバランスを崩す点です。鉄や銅が体内から減少すると免疫力が低下する可能性があります。亜鉛の1日の上限摂取量は30mgや50mg、また100mgなど諸説ありますが、育毛面においては、過剰に摂取しても効果の上乗せはほとんど期待できないため10~20mg程度に抑えた方が良いと思います。

この成分が含まれる商品

類似作用が期待できる成分


このブログの人気の投稿

ニンジンエキス(オタネニンジン根エキス)

概要 オタネニンジンと言うとあまりピンとこない方もいらっしゃると思いますが、比較的ポピュラーな言い方をすると高麗人参で、そのエキスを抽出したものです。 育毛・発毛の効果と効能 育毛に対する効果としては、ホルモンバランスを変えたり、毛母細胞に刺激を与えるといった直接的な効果ではなく、抗酸化作用を高める役割です。よって、シャンプーや育毛剤で補佐的に使用されるケースが多いようです。 ニンジンエキスは漢方としても比較的良く使われるエキスです。漢方においても単体でというよりも、他の漢方の薬効を高める働きがあると言われています。 副作用・用量・用法などの注意点 オタネニンジンには過剰摂取や長期摂取による副作用があります。症状としては、不眠症や頭痛、動悸、高血圧などがあげられます。 サプリメントなどに含まれる場合は、おおまかな目安として、摂取量1日5g以上の服用は避けた方が良いと思います。シャンプーや育毛剤のように直接頭皮に塗布するものは、その限りではないのであまり気にしなくても良いと思います。 この成分が含まれる商品エスモEX 薬用育毛ローションカロヤン プログレ薬用ナノアクションD薬用育毛剤リグロウ薬用育毛アロメール薬用発毛促進剤 新髪24ハイブリッド育毛剤K’sK(ケースケ)薬用育毛剤 蘭夢薬用育毛剤 髪殿バイタリズム スカルプケアトニックリーブトニック 髪皇すぷらうと育毛剤 黄金樹スカルプD 薬用育毛トニック スカルプジェットヘアーリスペクトXb3.スリーボム 育毛スカルプ&ヘアープロテクティッド バイタルトニックインセント薬用育毛トニック ヘアチャージャーリゾゲイン ヘアエッセンスチャップアップ(CHAP UP)育毛ローションオレンジシャンプー オーガニック薬用 麗豊モンゴ流シャンプーEX※新着20件のみ表示類似作用が期待できる成分頭皮の血行を促進頭皮の酸化を防ぐ頭皮や毛髪に対する保湿

パンテノール

概要 パンテノール(パントテニールエチルエーテル)は、肌の保湿や皮膚細胞を活性化させるアンチエイジング的な効果が期待され、化粧品の含有成分として使われることが多い成分です。また体内でビタミンに変化するプロビタミンと呼ばれる物質でもあります。毛髪をビタミンで補修するCMでおなじみの、P&Gのヘアケア商品「パンテーン」は、このパンテノールを主要成分としており、ブランド名の由来にもなっています。 育毛・発毛の効果と効能 パンテノールは、頭皮に対して3つの効果があります。1つ目は毛母細胞に働きかけて細胞分裂を活性化させ、髪の毛の成長を促進させる点です。2つ目は保湿効果です。パンテノールは保湿クリームの成分としても使われることが多いのですが、頭皮に対してもその保湿効果は有効です。3つ目は、頭皮の新陳代謝を高め、老朽化し老廃物がたまりやすくなる頭皮状態を防ぐ効果があります。ちなみに新陳代謝に関する効果は、クコの実などに含まれるゲルマニウムでも類似効果を得ることができます。いずれも成分単体としては、絶大な効果があるわけではないため、育毛商品では補助的に使われるケースが多いようです。また上述のとおり、持続的な潤いやハリ・コシをあたえる栄養成分として毛髪に対しても有効な成分です。 副作用・用量・用法などの注意点 基本的にはビタミンと同等の成分であるため、副作用の心配はありません。 この成分が含まれる商品フィンジア育毛剤エスモEX 薬用育毛ローションカロヤン プログレ薬用育毛剤リグロウ薬用発毛促進剤 新髪24薬用育毛剤 毛歓薬用加美乃素ヘアグロウス トゥリガーヘアーリスペクトXラボモ/LABOMO スカルプアロマローションNFカロヤンガッシュリアップ ジェット薬用リリィジュ薬用アデノゲンメイクメリー育毛剤リアルオレンジシャンプー オーガニック薬用 麗豊アデノバイタル スカルプエッセンスVh&s for menボリュームアップ トニックフォーミュラBシャンプー発毛促進薬Vi-髪乃素Growth Project.スカルプケアシャンプー類似作用が期待できる成分毛母細胞を活性化させる頭皮や毛髪に対する保湿

薄毛の原因物質ジヒドロテストステロン(DHT)と抑制方法

ジヒドロテストステロン(DHT:Dihydrotestosterone)とは 男性ホルモンの1種であるテストステロンが、NF-κB転写因子と結びついて生成される、薄毛の原因物質の1つです。 DHTは活性型男性ホルモンとも言われ、通常の男性ホルモン以上に、毛乳頭のレセプターと結合した際に毛母細胞に活動を低下させる働きがあります。毛母細胞の活動が低下すると髪の毛の成長および発毛が弱まり、その結果、周期的な脱毛に対して発毛量が不足し、徐々に薄毛が強まることになります。体内のDHTの基準量が通常の5倍以上になるとAGA発症の確率が高まると言われています。 DHTの抑制方法 DHTの材料物質であるテストステロン、NF-κB転写因子を抑制することが、DHTの抑制につながります。各物質の抑制方法はそれぞれのページでご覧ください。