スキップしてメイン コンテンツに移動

頭皮の臭いと酸化を防ぐには

頭皮の臭いの原因

体内には活性酸素と呼ばれる物質があり、その増加が頭皮のイヤな臭いの原因になります。本来的には白血球から発生する体に対して必要な物質で、体内に侵入したウィルスを撃退するなどの役割があります。 しかし、一方で活性酸素が増えすぎてしまうと体の表面に対して悪い作用をもたらし、肌の皮脂を酸化させ、ニキビや肌荒れ、シミの発生などを招きます。なので美肌を求める女性にとっても大きなテーマではあるのですが、頭皮に関しても表面や毛穴の皮脂酸化が起こり、過酸化皮脂が頭皮表面に多く発生することで、その結果イヤな臭いの発生を引き起こします。

頭皮の酸化と育毛への影響

頭皮の酸化は直接的には育毛活動に対して、悪い影響があるわけではありません。ただし臭いだけではなく、かゆみや湿疹などのトラブルにつながることもあります。かゆいことで指先で頭皮を頻繁に掻いてしまい、髪の毛にダメージをあたえたり脱毛を招いてしまうことも考えられます。なので予防的にも、酸化を防ぎ健康な頭皮状態を維持することは大事です。

酸化を防ぐには

日々の生活習慣の中でも活性酸素の増加を抑えるよう努力することは可能です。例えばお酒の飲みすぎに気をつけたり、日常的に適度な運動を行ったりすることが挙げられます。またタバコの喫煙も活性酸素を増加させることにつながりますので、極力避けたほうが良いと思います。より具体的な生活習慣の改善方法については、検索すれば詳しく記載されたサイトがたくさんありますので、そちらでご覧いただければと思います。 当サイトでは、シャンプーや育毛剤、または食べ物に含まれる成分の中で、酸化を防ぐ作用を持つ成分をご紹介します。

抗酸化作用のある成分



このブログの人気の投稿

ニンジンエキス(オタネニンジン根エキス)

概要 オタネニンジンと言うとあまりピンとこない方もいらっしゃると思いますが、比較的ポピュラーな言い方をすると高麗人参で、そのエキスを抽出したものです。 育毛・発毛の効果と効能 育毛に対する効果としては、ホルモンバランスを変えたり、 毛母細胞 に刺激を与えるといった直接的な効果ではなく、 抗酸化 作用を高める役割です。よって、シャンプーや育毛剤で補佐的に使用されるケースが多いようです。 ニンジンエキスは漢方としても比較的良く使われるエキスです。漢方においても単体でというよりも、他の漢方の薬効を高める働きがあると言われています。 副作用・用量・用法などの注意点 オタネニンジンには過剰摂取や長期摂取による副作用があります。症状としては、不眠症や頭痛、動悸、高血圧などがあげられます。 サプリメントなどに含まれる場合は、おおまかな目安として、摂取量1日5g以上の服用は避けた方が良いと思います。シャンプーや育毛剤のように直接頭皮に塗布するものは、その限りではないのであまり気にしなくても良いと思います。 この成分が含まれる商品 エスモEX 薬用育毛ローション カロヤン プログレ 薬用ナノアクションD 薬用育毛剤リグロウ 薬用育毛アロメール 薬用発毛促進剤 新髪24 ハイブリッド育毛剤K’sK(ケースケ) 薬用育毛剤 蘭夢 薬用育毛剤 髪殿 バイタリズム スカルプケアトニック リーブトニック 髪皇すぷらうと 育毛剤 黄金樹 スカルプD 薬用育毛トニック スカルプジェット ヘアーリスペクトX b3.スリーボム 育毛スカルプ&ヘアープロテクティッド バイタルトニック インセント薬用育毛トニック ヘアチャージャー リゾゲイン ヘアエッセンス チャップアップ(CHAP UP)育毛ローション オレンジシャンプー オーガニック 薬用 麗豊 モンゴ流シャンプーEX ※新着20件のみ表示 類似作用が期待できる成分 頭皮の血行を促進 頭皮の酸化を防ぐ 頭皮や毛髪に対する保湿

褐藻エキス(フコイダン)

概要 褐藻とはその名の通り、褐色の藻類植物のことです。ワカメやコンブ、ヒジキやアカモクなどが褐藻植物に含まれます。それらの植物から抽出したエキスを総じて褐藻エキスと呼び、主な成分としては、フコイダン、アミノ酸、ジアスターゼ、アルギン酸、そして豊富なミネラルが含まれます。保湿作用や皮膚再生作用があり、美容製品などでもよく用いられます。 育毛・発毛の効果と効能 昔からワカメやコンブは髪の毛に良いと言われておりますが、その根拠となる成分がフコイダンです。フコイダンには2つの育毛効果があります。 1点目は イチョウ葉エキスに含まれるギンコライド などは、毛乳頭へ栄養素と酸素を運ぶ血液の血流を良くし、結果的に毛母細胞の細胞分裂を活性化させる役割がありますが、このフコイダンはそのような間接的な効果ではなく、直接的な役割を果たします。 また、成分の1つであるアミノ酸は、髪の毛のベースとなる成分の1つです。(※髪の毛はケラチンとアミノ酸から成り立っています。)そして褐藻に含まれるミネラルの1種ヨウ素(ヨード)は、甲状腺の機能を活性化させる役割があります。(※甲状腺機能が低下すると全身の脱毛が増えると言われています) このように褐藻エキスにはフコイダンに限らず、育毛に有効な成分がかなり多く含まれていると言えると思います。 ちなみに、アルギン酸に関しても、口から服用する分にはあまり関係ないのですが、頭皮に塗布することで皮脂除去をサポートする効果があります。非常にヌルヌルした特性を持つ成分のため、毛穴の奥まで入り込み汚れや油を粘着させ、洗浄とともにそれらを取り除いてくれるようです。 副作用・用量・用法などの注意点 ヨウ素(ヨード)は摂取をしすぎると逆に甲状腺異常を招く可能性があるようです。長期間、毎日のように大量に海草類を食べるなど必要以上の摂取は避けた方が良いと思います。 この成分が含まれる商品 ベルタ育毛剤 フィンジア育毛剤 エスモEX 薬用育毛ローション 薬用育毛剤リグロウ 薬用育毛剤 蘭夢 スカルプD 薬用育毛トニック スカルプジェット ヘアーリスペクトX b3.スリーボム 育毛スカルプ&ヘアープロテクティッド バイタルトニック チャップアップ(CHAP UP)育毛ローション フルリア薬用育毛エッセンス 薬用 麗豊 モンゴ流シャンプーEX

パンテノール

概要 パンテノール(パントテニールエチルエーテル)は、肌の保湿や皮膚細胞を活性化させるアンチエイジング的な効果が期待され、化粧品の含有成分として使われることが多い成分です。また体内でビタミンに変化するプロビタミンと呼ばれる物質でもあります。毛髪をビタミンで補修するCMでおなじみの、P&Gのヘアケア商品「パンテーン」は、このパンテノールを主要成分としており、ブランド名の由来にもなっています。 育毛・発毛の効果と効能 パンテノールは、頭皮に対して3つの効果があります。1つ目は 毛母細胞 に働きかけて細胞分裂を活性化させ、髪の毛の成長を促進させる点です。2つ目は 保湿効果 です。パンテノールは保湿クリームの成分としても使われることが多いのですが、頭皮に対してもその保湿効果は有効です。3つ目は、頭皮の新陳代謝を高め、老朽化し老廃物がたまりやすくなる頭皮状態を防ぐ効果があります。ちなみに新陳代謝に関する効果は、 クコの実 などに含まれるゲルマニウムでも類似効果を得ることができます。いずれも成分単体としては、絶大な効果があるわけではないため、育毛商品では補助的に使われるケースが多いようです。また上述のとおり、持続的な潤いや ハリ・コシ をあたえる栄養成分として毛髪に対しても有効な成分です。 副作用・用量・用法などの注意点 基本的にはビタミンと同等の成分であるため、副作用の心配はありません。 この成分が含まれる商品 フィンジア育毛剤 エスモEX 薬用育毛ローション カロヤン プログレ 薬用育毛剤リグロウ 薬用発毛促進剤 新髪24 薬用育毛剤 毛歓 薬用加美乃素ヘアグロウス トゥリガー ヘアーリスペクトX ラボモ/LABOMO スカルプアロマローション NFカロヤンガッシュ リアップ ジェット 薬用リリィジュ 薬用アデノゲン メイクメリー育毛剤リアル オレンジシャンプー オーガニック 薬用 麗豊 アデノバイタル スカルプエッセンスV h&s for menボリュームアップ トニック フォーミュラBシャンプー 発毛促進薬Vi-髪乃素 Growth Project.スカルプケアシャンプー 類似作用が期待できる成分 毛母細胞を活性化させる 頭皮や毛髪に対する保湿